亜鉛の副作用で腹痛が! 原因と予防方法をお伝えします。

亜鉛を摂取すると、抜け毛や白髪予防になったり、精力がついたりします。

このように男性の体調にとって良い作用がたくさんあるので、亜鉛を食事に取り入れたり、亜鉛のサプリメントを摂取している人もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、一刻も早く効くようにと思って亜鉛を大量に摂取していると、副作用で腹痛が起こることがあります。

「腹痛がするなら亜鉛を摂取するのはやめておこうかな……」と、ためらってしまうかもしれませんが、ちょっと待ってください。

なぜ亜鉛で副作用が出てしまうか、どうすれば副作用の腹痛が出ずにすむのかを知っておけば、予防することができるのです。

亜鉛を過剰摂取すると副作用で腹痛になることも

亜鉛を過剰摂取した場合の副作用に腹痛があります。

亜鉛は成人男性であれば1日10mgが推奨摂取量であり、耐用上限量は1日40~45mgです。

これを少し超えたからといって必ず副作用が出るわけではないのですが、毎日上限を超え続けていると、どこかで副作用の腹痛が出てくる可能性があります。

どれだけ効果のある栄養素だとしても、過剰摂取するのはやめておくべきです。

人の体質や体調によっては、上限まで行かずとも副作用が出てしまうこともあります。その場合は様子を見ながら、摂取する量を減らしていきましょう。

食べ物で亜鉛を摂取する場合は上限まで摂取するのは困難なので、そこまで意識する必要はありません。

しかし缶詰を食べる場合、缶詰自体に亜鉛メッキが使われていることがあります。中に酸性の食品などが入っていると、亜鉛が溶けてしまうことがあるのです。

それを知らずに飲んだことで、過剰摂取になってしまった例があります。

缶詰の賞味期限を大きく過ぎてしまっていないかどうか、注意しましょう。

空腹時に亜鉛のサプリメントを飲んで胃の負担に

亜鉛はあまり吸収率のよくないミネラルであり、飲んだものが全て吸収されるわけではありません。

しかし空腹時には、亜鉛を通常よりも多く吸収してしまうことがあります。

空腹時にお腹がいっぱいの時と同じ量の亜鉛サプリメントを摂取した場合、量が多すぎることがあります。

量が多すぎると、亜鉛過剰摂取の副作用として腹痛が起こってしまうことがあるのです。

さらに、空腹時に亜鉛のサプリメントを飲んでしまうと、胃の粘膜に直接当たることで胃を荒らしてしまうことがあります。

食品から亜鉛を摂取している場合は、亜鉛の成分がサプリメントのように大量に胃に入ることはまずありません。

亜鉛は金属のミネラルです。

胃にとってはミネラルとはいえ金属が大量に入ってくる、という状況なので負担になる可能性が高いのです。

このようにして胃が荒れてしまうと、腹痛につながるので注意が必要です。

胃が弱い人は、1日1回でサプリメントを飲みきってしまわないようにするのもいいでしょう。

一度に入ってくる亜鉛の量を減らすことで、胃に亜鉛が接する時間を減らし、腹痛を防ぐことができます。

亜鉛サプリメントの成分や添加物で腹痛が起こる

亜鉛のサプリメントには天然のサプリメントと、合成のサプリメントがあります。

天然のサプリメントは自然にある食物から栄養分を抽出して作られています。例えば亜鉛であれば、牡蠣や大豆、小麦などから抽出されています。

こうしたサプリメントは体にとって受け入れやすい成分で作られているので、うまく吸収されやすいです。

合成のサプリメントは化学的な方法で作られています。体に馴染みがあまりない成分で作られているので、吸収されにくいことがあります。

天然のサプリメントに比べて安く、欲しい成分だけを取り入れることができるなどのメリットもありますが、体にとっては受け入れづらいという部分がデメリットです。

腹痛がしてしまうというのであれば、天然のサプリメントを摂取するほうが比較的安全と言えるでしょう。

また、亜鉛のサプリメントには亜鉛以外の色々な成分が合成されていることがあります。

その成分が過剰だったり、体に合わないことにより腹痛が起こっている可能性があります。

どんな成分が含まれているか、一度確認してみるといいでしょう。

亜鉛のサプリメントを飲んでいる水が硬水の場合、それでお腹の調子が悪くなることもあります。

日本の水は軟水なので、体質に合わないことがあるのです。

何をしても腹痛が起きてしまう場合は、もしかすると水に原因があるかもしれません。

亜鉛の摂取方法に注意して、副作用の腹痛を予防しましょう

亜鉛は過剰摂取をしないことが大切です。

取りすぎた亜鉛は尿で排出されることが多いとはいえ、過剰摂取を続けていると副作用が出てしまうことがあります。

空腹時にサプリメントを飲むと腹痛に繋がりやすいので注意したほうがいいでしょう。満腹時よりも多く吸収してしまいがちなので、量が少なくても腹痛になりがちです。

亜鉛のサプリメントには化学的に合成されたサプリメントと、自然由来の天然のサプリメントがあります。

どちらにもメリットデメリットはありますが、腹痛が心配なら天然のサプリメントを選んだほうが安全と言えるでしょう。

亜鉛は男性が活力に溢れた生活をするのに効果的な栄養素ですので、ぜひ積極的に取り入れていただきたいです。

しかし副作用で腹痛を起こさないようにするためにも、過剰摂取と摂取のタイミング、成分には注意しておきましょう。

関連記事

ニキビや乾燥など、気になる肌のトラブルも亜鉛で解決できますよ

亜鉛の副作用で便秘になる? そんなことはないので心配ありません

味が薄く感じるのは、亜鉛不足で味覚障害になっているのかも。

風邪を引きがちなら、亜鉛で免疫力を高めて予防しましょう。

血糖値が高くてこのままでは糖尿病かも! 亜鉛は足りていますか?

抜け毛に効くはずの亜鉛なのに、副作用で抜け毛がすごい。どうして?