風邪を引きがちなら、亜鉛で免疫力を高めて予防しましょう。

夜更かししたり仕事で無理をしたり、涼しい格好のままいたり。ほんの少しの油断から忍び寄ってくるのが風邪です。

「今日はちょっと熱っぽくてしんどいなあ」と思っても、社会人なら簡単に休むわけにはいきません。辛いですよね、風邪。

元気な時は免疫力が働いて風邪のウイルスを弾き返すのですが、体の免疫力が弱っている時はウイルスが体に侵入してしまいます。

免疫力を高めておけば、風邪のウイルスが体に入って悪さをするのを防いでくれます。

どのようにすれば免疫力を高められるのでしょう。色々な方法がありますが、そのうちの一つが、亜鉛を摂取することです。

亜鉛で免疫力が高まる理由

亜鉛を摂取すると免疫力が高まる理由はいくつかあります。

その中でも主なものが以下の3つです。

抗酸化作用で活性酸素を取り除く

亜鉛には抗酸化作用があり、体の中に生み出されて増えすぎた活性酸素を取り除く働きがあります。

活性酸素は普通に呼吸をしているだけで発生します。適正量なら細菌やウイルスを攻撃してくれるので、体にとって不要なものというわけではありません。

しかしこれが増えすぎると、特になんの問題もない正常な細胞まで攻撃し始めてしまうのです。

こうなってくると体の細胞が弱ってしまい、免疫力が落ちてしまいます。

亜鉛は増えすぎた活性酸素を取り除くための、酵素を作ることができます。この酵素が作りすぎた活性酸素を取り除いて、体を正常な状態に戻してくれるのです。

ビタミンAの働きをサポート

風邪によく効くビタミンの中に、ビタミンAがあります。

ウイルスは粘膜から体に入ります。ウイルスを体の中に侵入させないためには、喉や鼻の粘膜を強くして、粘液を分泌する必要があります。

ビタミンAは血管を強化し、粘膜を正常に保ち、そして免疫を高めてウイルスを撃退する効果があります。

風邪を早く治すだけでなく、風邪を未然に防ぐ力があるのです。

しかしこの風邪の強い味方であるビタミンAですが、少しだけ弱点があります。摂取すると一旦肝臓に運ばれるのですが、単体では肝臓から出て行くことができないのです。

ビタミンAは肝臓から取り出され体の各器官へ運ばれて、初めて力を発揮することができます。

亜鉛は肝臓からビタミンAを取り出して、体の各器官へ運ぶことができます。さらに亜鉛はビタミンAとともに、白血球が体内の細菌を攻撃するのを助けます。

このようにして亜鉛は、ビタミンAが働くのを強力にサポートしてくれるのです。

免疫細胞に働きかけてウイルスや細菌をやっつける

ウイルスや細菌が人の粘膜にとりつくと、人は鼻水やくしゃみで排除しようとします。

鼻や喉の粘膜で排除しきれず体の中に細菌やウイルスが入ってしまうと、免疫細胞の活動がスタートします。

人間の体の中にウイルスや細菌が入るとまず、体の中を巡回しているマクロファージという免疫細胞がウイルスや細菌を発見します。

これを敵と判断したマクロファージは、敵が来たことをヘルパーT細胞に知らせます。

するとヘルパーT細胞は、キラーT細胞とB細胞に敵を攻撃するようにとの指令を出しはじめます。

キラーT細胞がウイルスや細菌を攻撃しはじめると、高熱など風邪の症状も激しくなってきます。

ウイルスや細菌が免疫細胞に全てやっつけられると、風邪が治るという仕組みです。

亜鉛には、このキラーT細胞やB細胞が働くように促して、免疫力を高める効果があります。

激しい運動や薬にはご注意を

しかしこの亜鉛なのですが、汗や尿で簡単に排出されてしまうという特徴があります。

健康に気をつけて免疫力を高めるために運動をしている方、またダイエットをしている方は、亜鉛が不足している可能性があります。

心当たりがある場合は十分に亜鉛を取れているかどうかをチェックしてみてください。

薬を飲んでいる方も、薬によっては亜鉛の働きが妨げられたり、逆に亜鉛が薬の働きを妨げたりする場合があります。

飲み合わせの良くない薬の一つに抗生物質があります。

すでに風邪をひいて抗生物質を飲んでいる方は、少し注意が必要ですね。

風邪をひきやすい人は亜鉛を取るといいですよ

なんだか最近風邪をひきやすいなと感じる方は、まずは休養が必要だというのは間違いありません。

しかし風邪を未然に防いだり、ひいてしまった風邪を早く治すためには亜鉛の力があると心強いです。

亜鉛は体の中の活性酸素を取り除いて、活性酸素が元気な細胞を傷つけてしまうのを防ぎます。

ビタミンAが肝臓から出て身体中に出ていくのをサポートし、ウイルスや菌が体の中には入れないように粘膜を強くします。

さらに免疫細胞にも直接働きかけて、入って来たウイルスや細菌を早く退治することができるようになります。

特に運動をしている方は汗で亜鉛が排出されてしまっていることがありますので、風邪をひかない体のためにも亜鉛が足りているかどうか、一度確認してみてくださいね。

薬の飲みあわせの問題などもあるので注意は必要ですが、亜鉛の力をかりて、早めに風邪を治すことができたらいいですね。

関連記事

筋トレの強い味方、亜鉛を摂取して健康でカッコいい体を作りましょう

亜鉛は薄毛改善に効果あり! 髪の毛を作る力があるって本当?

質の良い精子を作りたいなら亜鉛で精力をつけましょう!

アルコールを分解するのにも亜鉛が必要。お酒を飲む方要注意!

味が薄く感じるのは、亜鉛不足で味覚障害になっているのかも。

亜鉛の取りすぎで吐き気がする……。注意したい副作用について