血糖値が高くてこのままでは糖尿病かも! 亜鉛は足りていますか?

健康診断は毎年受けていますか? ちょっと面倒ではありますが、体が元気かどうか調べておくのは大切ですもんね。

気になる健康診断の項目は、みなさんそれぞれあると思います。項目の中でも血糖値って気になりますよね。

血糖値が高いと糖尿病と診断されます。一度かかってしまうと完治が難しい上に、脳卒中や心筋梗塞など恐ろしい合併症を引き起こすこともあります。

誰もがなりたくない病気の糖尿病ですが、上がってしまった血糖値を下げることができる栄養素として亜鉛があります。

糖尿病がどんな病気で、亜鉛がどのように血糖値に対して働くのかをご紹介します。

血糖値がどのくらいだと糖尿病なのか

血糖値とは、血液中のグリコース(ブドウ糖)の濃度のことを指します。

なぜ血糖値が上がったり下がったりするかというと、血糖値をコントロールしているインスリンの働きが関係しています。

例えばお菓子やごはんなどの糖質の多い食べ物を食べたとします。するとその糖質は小腸でブドウ糖に分解されて、体内へ吸収されます。

一旦ブドウ糖はグリコーゲンという物質に変えられて、肝臓に蓄えられます。

このブドウ糖は人間が活動するために必要不可欠なエネルギー源なので、必要があるたびに肝臓はブドウ糖を血液の中に送り出します。

ブドウ糖はそのままでは細胞の中に取り込むことができません。インスリンがあって初めて、細胞にブドウ糖を届けることができます。

このようなインスリンの働きによって、血液中にブドウ糖が増えすぎないように、そして減りすぎないようにコントロールされてます。

しかし糖質を取りすぎていると、このインスリンがうまく働かなくなったり、量が少なくなったりします。それが、糖尿病です。

ちなみに、空腹時のグリコース(ブドウ糖)の濃度が110mg/dlまでであれば正常です。

空腹時に126mg/dl以上か、または常にブドウ糖の濃度が200mg/dl以上であれば、糖尿病だと診断されます。

血糖値を下げる! 亜鉛はインスリン不足に効果あり

糖尿病には二種類あります。1型糖尿病は、主に子どもなど若年層がなる糖尿病で、そもそもインスリンを作る機能が壊れているため起こる糖尿病です。糖尿病全体の5%くらいの人が1型糖尿病です。

全体の95%くらいは2型糖尿病と呼ばれ、生活習慣が悪いために起こる糖尿病です。

「そんなに甘いものばっかり食べていたら糖尿病になるよ」と言われるのは、2型糖尿病の方ですね。

糖尿病はすい臓から分泌されるインスリンがうまく働かなくなることから起こります。

1型糖尿病の場合はそもそもインスリンを作ることができません。2型糖尿病であればインスリンは作れるけれども作用しない、もしくは不足しているという状態です。

亜鉛は、インスリンを作るための材料となります。亜鉛が不足しているとインスリンを作ることができないのです。

2型糖尿病の場合、亜鉛が原因ででインスリンが不足しているのであれば、亜鉛を摂取することでインスリンを分泌させることができる可能性があります。

その結果、血糖値が下がることがあるのです。

もちろん糖尿病にはまだなっていないけれども血糖値が高い、といった場合も同じような効果があります。

HbA1cという項目を健康診断の結果で見たことがあるかもしれません。

これも過去1~2ヶ月の血糖値のことを指していますので、亜鉛を摂取することで下がる可能性のある項目です。

低血糖でめまいがするのも亜鉛不足が原因かも

これまでは高血糖状態のお話をしましたが、逆に低血糖になった場合も体には様々な異常が起こります。

低血糖の症状に、ふらついたり、めまいがしたりというものがあります。

こんな症状もインスリンが関係しています。亜鉛はインスリンを作る材料となるのですが、それと同時にインスリンをどのくらい作るかの調整も行なっています。

亜鉛が不足するとこの調整機能が衰えます。

インスリン分泌のコントロールができなくなることで過剰にインスリンが分泌され、血糖値が一気に下がります。これが原因で、低血糖になってしまうことがあるのです。

亜鉛によってインスリンの調整機能を取り戻すことができれば、低血糖も改善する可能性があります。

亜鉛は血糖値が高くても低くても効く栄養素です

血糖値が上がる原因として、血液中のブドウ糖を細胞に届けるためのインスリンがうまく働いていないことが挙げられます。

生活習慣が原因で血糖値が上がってしまう、または糖尿病になってしまったという場合、亜鉛が効果を発揮します。

インスリンを作るための材料になったり、インスリンの量をコントロールして、血糖値を正常に戻してくれるのです。

もちろん血糖値を下げようと思ったら、体に入ってくる糖質を減らすことが最も重要です。

糖質を取らないようにしているのに血糖値が上がっているのであれば、亜鉛を摂取すれば、インスリンに働きかけて血糖値を改善してくれるかもしれません。

糖質を減らしても血糖値が下がらない場合や、これから血糖値を下げようと思った方は亜鉛を取り入れてみませんか。

関連記事

亜鉛の副作用で腹痛が! 原因と予防方法をお伝えします。

亜鉛の取りすぎで吐き気がする……。注意したい副作用について

アルコールを分解するのにも亜鉛が必要。お酒を飲む方要注意!

ニキビや乾燥など、気になる肌のトラブルも亜鉛で解決できますよ

筋トレの強い味方、亜鉛を摂取して健康でカッコいい体を作りましょう

風邪を引きがちなら、亜鉛で免疫力を高めて予防しましょう。