人に聞きづらいトイレの悩み。亜鉛で前立腺を改善しましょう!

なんだか最近、夜に何度もトイレで起きてしまう。トイレに行ったのにまだ尿が残っている感じがする。そんなことはありませんか?

そのトイレの悩み、前立腺肥大症の影響かもしれません。

前立腺肥大症は30代から始まり、50代以降の男性にとってはあまり珍しくない症状と言えます。

珍しくないこととはいえ、それがトイレの悩みを引き起こしているのだとしたら、治したいですよね。

悩みを解決してくれるかもしれない栄養素こそが亜鉛です。亜鉛は前立腺肥大症や、そのほかの前立腺の悩みにも効果があると言われます。

前立腺の悩みにはどのようなものがあるか、そのメカニズムと亜鉛の働き、そして亜鉛を摂取する際の注意点などをご紹介します。

トイレの悩みを引き起こす前立腺肥大症とは

男性の尿道の奥を取り囲むように、前立腺という器官があります。くるみくらいの大きさで、前立腺液を作る働きがあります。

この前立腺液は精子と混ざり、精液に30%ほど含まれています。精子を保護したり、精子に栄養を与えたりする役割があります。

それ以外にも排尿や射精にも関わると言われますが、詳しいことはまだ謎が残っている臓器です。

前立腺肥大症とは、この前立腺が過剰に大きくなることを言います。

ちなみにこれは30代から始まって、50代で約30%、60代で約60%、70代では何と約80%が前立腺肥大症になることが分かっています。

ただし前立腺肥大症になっているからといって、必ずしも治療をしなければいけないとは限りません。

治療が必要になるのは、前立腺肥大症になったことで尿にまつわるトラブルを起こした場合です。

前立腺肥大症になると、中を通っている尿道を前立腺が圧迫することがあります。こうなると尿道が狭くなってしまい、尿に関するトラブルが起こります。

例えば、夜にトイレで起きてしまう、尿が残る感じがする、勢いが悪い、急に尿意が起こってトイレに間に合わず漏れてしまう、などの症状が起こります。

前立腺がんも非常によく似た症状になることがあります。どちらになっているのか、あるいは同時にどちらにもなっているのか、一般人に識別することは難しいです。

心配なら泌尿器科に相談してみるといいでしょう。

前立腺肥大症と、前立腺がんは全く別の病気なので、前立腺肥大症になったからといってそれが前立腺がんになるわけではないのでご安心ください。

なぜ前立腺肥大症が起こってしまうのかは、加齢によるホルモン分泌の変化が原因とされていますが、まだ詳しいことはわかっていません。

亜鉛が前立腺の悩みにどのように関係するのか

前立腺肥大症にはジヒドロテストステロンという物質が関わっています。これが前立腺の組織を必要以上に増殖させて、前立腺肥大症を引き起こします。

ジヒドロテストステロンとは、男性ホルモンであるテストステロンが、5αリダクターゼという酵素の力で変質してしまったものです。

亜鉛は5αリダクターゼを抑制して、テストステロンがジヒドロテストステロンになってしまうのを防ぐことができます。

ジヒドロテストステロンを作らせないことで、前立腺肥大になることを抑えてくれるのです。

体の中で最も亜鉛が含まれている臓器は、前立腺です。亜鉛は男性ホルモンの代謝に必要なホルモンのため、前立腺にとって様々な効果があるのではないかと言われています。

ただし亜鉛の過剰摂取には気をつけて!

亜鉛が効果的だということを述べさせてもらいましたが、過剰摂取には気をつける必要があります。

前立腺がんに対しては、亜鉛が病状を改善させるような効果は特にみられませんでした。

それどころか亜鉛を100mg以上摂取してしまうと、前立腺がんになる確率が上がるということも分かっています。

亜鉛は適量を摂取することが大切です。

サプリメントを使用すると手軽に亜鉛を取れるので良いですが、必要以上に摂取することはやめたほうがいいでしょう。

前立腺の悩みがあるなら亜鉛を摂取してみましょう

まだ分かっていないことの多い臓器である前立腺ですが、体の中で一番亜鉛が集中しているのが前立腺であるということは分かっています。

何もない器官に特定のミネラルが集中するとは思えませんので、亜鉛と前立腺には何らかの関係があるのではないかとされています。

前立腺肥大症は加齢によって、男性ホルモンが減少することによって引き起こされているのではないかというのが、現在の考え方です。

亜鉛は男性ホルモンの代謝に関わるホルモンです。

加齢によって減ってしまった男性ホルモンを改善させる効果が期待できます。

さらに亜鉛は、前立腺肥大症に関わると言われる、ジヒドロテストステロンが作られるのを抑制します。

とはいえ亜鉛を過剰摂取してしまうと前立腺がんになる確率が上がってしまいますので、あくまでも適量の摂取を守ることが必要です。

男性ホルモンの代謝に大きく関わる亜鉛を取り入れることで、きっとあなたの前立腺の悩みも改善するでしょう。試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

亜鉛の副作用で腹痛が! 原因と予防方法をお伝えします。

風邪を引きがちなら、亜鉛で免疫力を高めて予防しましょう。

なんと! その白髪の原因、もしかしたら亜鉛が不足しているのかも

血糖値が高くてこのままでは糖尿病かも! 亜鉛は足りていますか?

亜鉛は薄毛改善に効果あり! 髪の毛を作る力があるって本当?

抜け毛に効くはずの亜鉛なのに、副作用で抜け毛がすごい。どうして?